杵築市民文化体育館

杵築市は城下町として栄え、武家屋敷や商家などの歴史的遺構が街並みの風景を特徴づけています。そこで城下町杵築の伝統と風土を継承すると共に、城下町の街並みに見られるデザイン要素(白壁、腰壁など)を基調とした意匠として来賓のもてなしの場となる美しい風景の構築を図りました。外観は全体的にやわらかな弧を描いたむくり屋根を採用し、すべての来館者をやさしく包み込むような「ランドマーク性が高く」「都市公園の顔としてふさわしい」施設とすることに心掛けました。

竣工年月2006月08月
所在地大分県杵築市本庄
延べ面積 5,945.00m2
建築面積4,706.00m2
構造鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
規模地上2階
用途総合体育館